【法令】道路交通法改正 アルコール検知器 ( アルコールチェッカー )のご案内

いつもご覧いただだきありがとうございます。

皆様は今年の4月と10月に改正道路交通法施行規則が順次施行されるのはご存じでしょうか?

 

自動車を使用する事業所で、乗車定員が11人以上の自動車1台または、その他の自動車5台以上を保有する事業所は安全運転管理者の選任が必須となります。

※自動二輪車(原動機付自転車を除く)は1台を0.5台として計算

 

なお、安全運転管理者の選任の上で令和4年10月1日以降は下記対応も必要です。

 

①運転者の酒気帯びの有無の確認をアルコール検知器を用いて行うこと

②アルコール検知器を常時有効に保持すること

 

そこで今回ご紹介する商品は、中央自動車工業株式会社様のアルコール検知器

Sociac / ソシアック シリーズになります。

まだ、猶予期間はございますが、早くも品薄になってきておりますので、早めの準備をオススメ致します。

お客様の用途に合わせた、複数のタイプがございます。

商品詳細や価格や納期等、お気軽にお問い合わせください。

 

※参考ページ 宮崎県警察本部HP 安全運転管理者によるアルコールチェックの義務化